2011年02月14日

2連勝、新王者、名監督

日本キックボクシング連盟2011年最初の大会が11日に後楽園ホールで行われ、テツジムから2選手が出場。
見事2連勝で、幸先の良いスタートを切ってくれた。
今回は現地に行けなかったので会長からの試合結果メールを待っていたのだが…、第3試合森田選手の試合が終わっているであろう時間になっても音沙汰無し。
『まさか…、森田病院直行とか???』
良くない想像が脳内を巡る…。

やっと連絡があったのは20時を過ぎてから、
『森田判定勝ち、直道KO勝ち!』
一安心して、HPを更新。

今回、選手は前日に東京入り、会長は当日朝イチの飛行機で移動の予定だったのですが…。
しかし天気予報は雪、急遽前日移動に変更したテツ会長だったが、最終の新幹線に間に合わず名古屋で途中下車、一泊して早朝出発で無事東京入り。
だが…、用心した割には交通の乱れは一切無く移動はスムーズ、飛行機のキャンセル料・名古屋の宿泊費・帰りの空港からのタクシー代・駐車場代と、
『エライ高う付きましたワ!まあ、二人とも勝ってくれたからエエけど。ガッハッハー!』
2月大会は毎年、天候に振り回されるんですよね〜。
皆さん、移動は計画的に。

さて同日、ボクシングのWBC世界見ミニマム級タイトルマッチが行われ、井岡一翔選手が日本最短記録となるデビュー7戦目での王座獲得に成功した。
井岡選手、オメデトウ。
井岡選手の所属ジム会長であり、叔父の井岡弘樹会長とワタクシは同い年でして(当然、面識は無いですが)。
二階級制覇の井岡会長が初めて世界タイトルを獲得した試合が行われたのは、我が母校の近大記念会館。

その日ワタクシは、記念会館の隣にあるクラブセンター内道場で昇級審査を受けていた。
無事終わり片付けも済んだところで先輩から、
『ボチボチ道着クサなってきたから、洗濯しとけよ。』
『オッス!』
てな感じで、同期4名で道着担いでコインランドリーへ。
記念会館を見れば何やら人がたくさん押しかけている。
洗濯が終わって帰る頃はちょうど試合中だったのか、オモテに人影は無かった。
帰ってメシ食って夜のスポーツニュースで試合結果を見た。
『井岡弘樹が18才9ヶ月で、日本人最年少チャンピオンに!』
『オイオイ、同い年かよ!』
目と鼻の先で、あっちは世界チャンピオン、こっちは昇級審査に道着の洗濯…。
エライ違いでしたな〜。

今日13日は、隣の和気町で元女子ソフトボール日本代表監督、宇津木妙子氏の講演を拝聴してきました。
色々と印象に残る言葉がありましたが、
『その場で叱る』
練習態度であれ、礼儀作法であれ、出来ていないと思ったらその場でその時に指摘し、直させるという事をおっしゃっていました。
やっぱり人間は自分かわいさで人から嫌われたくないあまり、スグに叱ったり間違いを指摘したりする事をためらう。
指導者はそれではいけない、選手のためを思うならその場その場で言うべきだと。
『よし!明日からは、言うて言うて言いまくるか!』
なんて事はしませんので、皆さん心配せず練習に来ましょう。

他にもためになる言葉がたくさんあり、勉強になりました。
皆さんも、講演とか聴きに行ってますか?
今までに聞いて一番面白かったのは、ケーシー高嶺。
市役所主催で保健がらみの講演(のハズ)だったのだが、内容はいつもの下ネタ連発!
担当者はきっと、始末書を書いたのではないでしょうか(笑)
posted by kame at 01:13| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

ボクシング、バリウム、八百長問題

月曜日はボクシングダブルタイトルマッチでした。

WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 12回戦
×李 冽理(横浜光/王者) [判定0−3] ○下田昭文(帝拳/6位)
個人的な感想ですが、王者李はボクシングが良く言えば型にはまらない、悪く言えば雑な印象。
対して挑戦者下田は荒々しくも、基本がしっかりしてるなと。
ボクシングの完成度では挑戦者、いや新王者の方が断然優っていたなと。
しかし、帝拳でWBA王者って珍しくないですか?
今までにいるのでしょうか。

WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 12回戦
◎内山高志(ワタナベ/王者) [8回終了TKO] ×三浦隆司(横浜光/7位)
今まで外国人との対戦しか見たことなかったので気付かなかったが、今回日本人と向かい合った内山王者の体型が素晴らしくカッコいいなと。
顔が小さく肩幅が張ってて、胴が細く足が長い。
もちろんボクシングは体型を競う競技ではないですが、やはりその競技に適した体型ってのがあるのは否めない。
シルエットだけ見たら外国人選手かと思う…、つったら言いすぎか?
このまま防衛を続けていって、いつかは海外ビッグマッチ!?期待してしまうな。


3日の木曜日は会社で健康診断、胃のレントゲンを撮るために前日21時以降に食ってはいけなかったのだが…。
ジムから帰ったのが21時半過ぎ、軽くにしとけば良いのにフライパンてんこ盛りのタレ焼きそばが目に入ると、ガマンを抑え切れなかった。。。

翌朝も絶食で無事検査を終えたが、下剤を飲んでもなかなかバリウムが排出されない!
思い起こせば、一昨年初めて飲んだときは『直通か!』と自らツッコミを入れたくなるほど早く出た。
下剤飲んで30分後にはしゃがんでたね。
対して昨年は次の日まで出んかったんよ。
腸内で水分が抜けたら固まるらしく、結構な産みの苦しみ(?)だった。

多分、一昨年は初めてだったので、マジメに前夜は少なめにして早く食って腹の中をカラッポにしてたんでしょうな。
昨年はタカくくって、前日もフツーに食ってたんじゃないかと。
来年は初心に帰って(?)、前日準備は抜かりなくやろうと思ってます。
しかし一年後よな、ちゃんと憶えていられるだろうか。

そして当日は節分、夕食を前に川柳を一句。
『恵方巻 食って押し出せ バリウムを』
お粗末。


今週後半は、大相撲の八百長問題がニュース番組を賑わせた。
しかし、削除したメールって復元できるんですね。
理事長は否定してますが、個人的には八百長は過去にもあったと思う。
そもそも『八百長』『ガチンコ』って言葉自体が、相撲界の隠語ですから。

こうなったら、親方全員出てきて、
『過去にもありました。今後は無くすように徹底します。』
つって、現役時代はガチンコで通した親方を要職につけて再起を図るべきでしょう。

『国技なのに…、けしからん!』
的な意見が多々見られますが、そもそも『相撲が国技』なんて国として定めてはいないわけで。
個人的には球技なら野球、武道なら柔道か剣道が国技に相応しいのではないかと思っている次第。

おっと、過去にもあったと認めても、誰々かは不問にすべきですよ。
じゃないと、あの親方(元理事長)の一代年寄りや、あの親方の国民栄誉賞も返さないといけなくなっちゃうかも…、おーコワ!
posted by kame at 00:47| 岡山 | Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

アジア制覇

いやいや、昨晩のアジアカップ決勝戦では、見事日本代表が延長戦の末勝利。
ワタクシも夕食を早目に済ませ、風呂に入り、ビール片手に観戦と洒落込んだのですが…。
選手入場から国歌斉唱、試合開始までは見たのですが、その後『眠い』と思う間もなく落ちてまして。
『ワー!』という歓声で目覚めたら、李忠成の決勝ゴールでした。。。

そこから試合終了まではしっかり見て、『せっかくだから表彰式も』と思って見てたのですが、なかなか始まらない!
やはり中東の人はノンキなのか?
『早よやれよ!』
深夜にも関わらず、テレビに向かって叫んでしまった。
明けて今日の朝ニュース番組でダイジェストを見ましたが、いい試合だったようですね。

さて今大会で物議を醸したのが、準決勝での韓国選手による猿まねパフォーマンス。
直後に選手自身がツイッターで『観客席の旭日旗を見て』と日本人に向けた侮辱行為を暗に認めたが、その後『自分を侮辱したヨーロッパ人に向けたもの』と?
ワタクシも、そのシーンは見てた(と思う)のですが、はっきり言って侮辱行為とは気付かなかった。
その選手はヨーロッパでプレーしていて、それが侮辱行為だと知っていて誰かに向けてやっていたのでしょうが。
もし日本人に向けてやっていたとしても、大半の日本人は気付いてないと思うのです。
ニュースとして取り上げられてから腹を立てた人はたくさんいるかもしれませんが。
さすがに中指を立てられたり、F×CKとか言われたら分かりますけどね。

何にせよ、『自分がされて嫌な事は他人にもするな』って事ですな。
posted by kame at 00:41| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

3D

映画『グリーンホーネット(3D)』を観た。
ブルース・リーファンとしては、彼の全米テレビデビュー作のリメイクとあって無視するワケにはいかないと、半ば義務感にも似た気持ちで観に行った。
別に3Dじゃなくても良かったのだが、それしかなかったので選択の余地も無く…。

3D映画を観るのは、かれこれ35年以上ぶりか?
かつて備前にも映画館がありまして。
西片上の旧NTTの辺り、現在トマト銀行があるところの東隣。
しかし同級生とかにそのハナシしても、誰も覚えとらんのよな。
しつこく言い張ってたら、しまいにはウソツキ呼ばわりされたりして…。

そんな悲しいハナシはさておき、ウィキペディアによると1973年3月なので4才の頃か、兄や近所のニイちゃんらと『人造人間キカイダー』の劇場版を観に行った時の事。
列に並んで、さあ入ろうとした時にメガネを渡された。
メガネといっても皆さん覚えがあるでしょう(?)、赤と青のセロハンが貼ってある紙製のヤツ。
当然、耳にかけるのではなく手で持って使うヤツね。
劇中、戦闘場面になると『ここからはメガネで観よう!』みたいなことを言うのでそうしたのだが…。
やたらとこっちに向かってパンチやキックを繰り出すのだが、果たして飛び出て観えたのか?そこのトコロを憶えていない。
まあ、その後はサッパリ見かけなくなったので、それが答えということでしょうか。
そもそも、赤と青のセロハンを通して観るって事は、カラーじゃなくなるって事ですから。
無理があったんでしょうね〜。

小学校に入った頃には、その映画館も閉まっていたのか?
映画は岡山市内まで出るか、劇場公開よりちょっと遅れて公民館でやるのを観たり。
今は市役所の分庁舎になってる片上公民館で、『サーキットの狼(実写版)』『ブルース・リー死亡遊戯』なんかを観た覚えがある。
フツーに公民館のホールの床に座って観てたので、立ち上がるヤツがいたらスクリーンに頭の影が映って『座れー、アホー!』なんて言われたりして。
のどかな時代でしたな〜(遠い目)

ハナシは戻ってグリーンホーネットですが、銃をバンバン撃ちまくり、車をガンガンぶつけまくり、人がやたらと死んでいくという、ワタクシ的にはアメリカ映画の典型的な面白くないパターンの映画でした。
アメリカ人って、あれをオモロイと感じるんかな?
帰って口直し(?)に、ブルース・リー版のDVD観ましたよ。
まあ、登場人物の名前や会社名の設定が同じだけの全く違う映画と思わんといけませんな。
しかし、おもんなかった。
ソーシャル・ネットワーク観た方が良かったかな?と、少し後悔。。。
posted by kame at 00:50| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

固定客(?)

パソコンでこのブログをご覧になってくださっている方が、ここ5日間連続で15名!
こんなしがないブログを毎日覗いてくださる15名(+α)の皆様、ありがとうございますm(__)m

ここ数日は寒い日が続いておりますが、そんな寒空の中、本日は『平成23年備前市消防団出初式』に。
出初式とは言っても皆さんのイメージにあるような『放水開始ィー!』とか、ハシゴの上で『ヨッ!』とかは無く、暖房こそ効いては無いものの市民センターの室内でイスに座って祝辞を聞いたり表彰式したりと、団員に優しい(?)式でございます(笑)

1時間半程の式を終えた後は、近くの食堂でカニちりで一杯。
これがあるから、みんなイヤイヤながらも出席するんですな。
昼に飲むビールは最高です。

寒さもそうなのですが、ここ最近『タイガーマスク運動』なるニュースが賑やかに報道されています。
タイガーマスクこと伊達直人自身も『♪ひねくれて〜星を睨んだ〜ボクな〜のさ〜』と唄ってましたが、ワタクシも彼に負けず劣らずのひねくれ者でして。
最初、『伊達直人』だけの頃は良かったんです。
しかし、次から次から『そろそろ俺の出番かな 矢吹丈』『肝っ玉母さん京塚昌子』『桃太郎』などと便乗してくると、
『オメーら、寄付にかこつけて目立とうとするんじゃねえ!』
などと思ってしまった…(反省)

そうですね、便乗だろうが目立とう精神だろうが、やってる事は良い事なので非難されるいわれは無いわけです。
しかし、決してブームで終わらせてはいけないのも事実。
今年、寄付をした人はゼヒ来年も再来年も続けていただきたい。
ブームも10年続けば恒例行事、20年続けば伝統ですよ。

『オメーもやれ!』って?
ワタクシは年に数回の献血と、年末ジャンボ宝くじ購入(?)
それと不定期ですが、自然災害があった時には赤十字社の方に、少しばかりですが義援金を送るようにしています。
阪神大震災の時は現地で被災しましたんでね、ささやかですが。

明日1月17日は『防災とボランティアの日』です−−−。
posted by kame at 19:36| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。