2011年06月19日

ホメイニ師と呼ばれた男

高速上限1,000円最終日の今日、香川県善通寺市へグローブ空手の大会に行ってきました→【結果】
ここ数年は毎年のように行っていて、試合が終わったらうどん食って帰るというのが定番だったのだが、今年は香川県在住の同級生が来てくれた。
もっとも昼から仕事だというので、結婚式以来に会う奥さんと初対面の娘さんを伴なって、ごく短時間の面会(?)だったのだが。
その彼、O宅氏とは大学のクラブで4年間の苦楽を、いや苦苦苦苦苦苦苦………楽を共にした仲である(以前登場したO野氏と共に)。

中学で格闘技(プロレス)に目覚め、高校で柔道をし、大学に行ったら打撃系のジムに行こうと思っていたワタクシ。
しかし、大学で勧誘され合気拳法部なるクラブに入部。
まあ収まるところに収まったかな、という感じだった。
しかし、同期入部のO野氏、O宅氏とも、体育会しかも武道系にはそぐわないタイプの人間だった(もう一人N島ってのもいた、自転車で事故って二年で退部)。

初めての合宿の時、一回生は練習に雑用、バタバタでヒゲを剃る余裕も無いくらい。
他3名(ワタクシ含め)はそうでもなかったのだが、O宅氏は並でなくヒゲが濃くて。
元々彫りが深く日本人離れした顔付きだったのが、ヒゲが伸びてアラブ系の顔つきになってきた。
それを見た当時のF田監督(故人)が、『オマエー、ホメイニ師みたいやなー!』
それ以来、監督はじめ先輩から『ホメイニ』と呼ばれるようになった。

同級生からは『ジャン』と呼ばれたりしてたんですが。
まんが世界昔話『ああ無情』のジャン・バル・ジャンに似てたから(?)、ジャン・アレジ(ゴクミの旦那)に似てるからとの説もあり…。
F-1好きだった本人は、後者と解釈してたみたいですがね(笑)
posted by kame at 22:55| 岡山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャンも元気そうで、何よりです。もう娘さんは幼稚園かな?
Posted by ○野 at 2011年06月20日 12:35
いやいや、まだ2才になったばっかりって言ってたよ。

O宅氏は、ちょっと肥えて白髪もチラホラあったけど、まだまだ見た目は若い感じでしたな。
Posted by kame at 2011年06月21日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。