2011年10月02日

メガファイトが待っている!?

WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
○西岡利晃(王者) 判定3-0 ×ラファエル・マルケス(挑戦者)


ボクシングのメッカ、ラスベガスで西岡が見事王座防衛!
いやいや、判定ながら完勝でした。
相手は二階級制覇の元王者、ここ数年の日本人タイトルマッチでは長谷川穂積を倒したフェルナンド・モンティエルと並ぶ世界的ビッグネームではないでしょうか。

序盤はマルケスの長いパンチに苦しんだが、徐々に西岡のストレートも届き始めいよいよかと思った矢先、8R偶然のバッティングで西岡が頭部をカット。
血を見て興奮したか?ラッシュを仕掛けたマルケス、しのぐ西岡。
終盤は西岡ペース、体ごと前に出るマルケスの左肩を右手で制し回りこんでいなす西岡、達人の動き。
判定は117-111・116-112・115-113とバラついたが、間違いの無い完勝でした。

気の早い話になるが、次の相手は?
リングサイドで並んで観戦してたノニト・ドネア(フィリピン)とホルヘ・アルセ(メキシコ)が有力、どちらとやっても今回以上のメガファイトになると思われますが、個人的には先にアルセを倒してメキシカン・キラーぶりをさらに発揮して、それからドネアとアジア最強をかけて戦うと。
現実的にアジア人同士よりメキシカンとの対戦のほうが、ファイトマネー的にもいいと思うんですよね。
いずれにせよ、西岡にはアメリカでのメガファイト路線を突き進んで欲しい。
日本でやるなら長谷川穂積と、関西最強決定戦か?それはそれで見たい気もするが。

【追記】帝拳本田会長が、西岡は次戦で引退するとコメントしたとか→コチラ
引退なら、『ラスベガスでドネア戦』よりも『関西で長谷川戦』だと思うんですがねえ。
日テレでゴールデン生中継、リングサイドは10万円、会場は京セラドームでやりませんか?本田会長。
まあ、まだ本人のコメントが出てないので、先走るのは良くないですね。


前座に出てた亀海喜寛、ちょっと前から気になってましたがいい選手ですね。
なんたって名前が良い!
彼は亀海(カメガイ)、ワタクシは亀川(カメガワ)、読みも一文字違い。
先日ジムの小学生R太朗に『亀田コーチ』と間違えられ、『誰が亀田じゃ(苦笑)』なんて。
大阪にいた頃には、得意先からの電話で『亀山さん』などと言われ『いや亀川です…、阪神ファンですか?』ちょうどタイガースで亀山・新庄が活躍してた頃の事。
亀海がチャンピオンになって有名になったら、『亀海さん?』なんて言われたりして。
でも甘んじて受けよう、頑張ってチャンピオンになってくれ亀海!

続きを読む
posted by kame at 18:21| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。